胸元・背中ニキビTOP > Q&A > 遺伝はやっぱり関係あるの?

背中にニキビができるなんて遺伝ちゃうん!?

顔にニキビができるというのは比較的普通だと思うんですが、胸や背中にできるというのは限られた人だと思います。 これってやっぱり親から受け継いだ体質が影響しているんでしょうか?回答します。

背中にニキビができるのは一種の才能なのか?

肌質は遺伝しやすいのでその可能性大!

いつも清潔にしているはずなのに繰り返してしまう背中ニキビ。 誰もが背中にニキビができるものではないので胸や背中にニキビができることに悩んでいる人の多くは、これが遺伝のせいだと考えても何ら不思議ではありません。


ニキビのできやすさが遺伝するかということについては、かなり信憑性があるというか肌質というものが遺伝しやすいので、 かなり大きな影響を与えているというのは間違いなさそうなんですね。


なので、もし自分の両親や兄妹が脂性肌やニキビに悩まされたという場合は、それがそのまま次の世代であるあなたに遺伝している可能性があります。 皮脂腺の発達に影響する男性ホルモンの量、皮膚の厚さや薄さ、肌のキメの細かさなどは遺伝の影響が大きく、ニキビの悪化素因も遺伝するという話があります。


日本人よりも白人のほうがニキビができやすいとか男女では男性のほうがニキビが悪化しやすいというのはやっぱりもともとの遺伝というか、 身体のつくりが影響しているわけですから胸や背中にニキビができてしまうというのは、遺伝が関係していると考えていいと思います。


なので、遺伝的&体質的にニキビができやすい人はより丁寧なケアをしないと背中ニキビを減らすこと、防ぐことは難しいということです。 たとえ遺伝的にハンデがあっても丁寧なケアを毎日続けていれば、それはそれで効果を発揮してくれるはずです。

男性ホルモンが皮脂腺の発達に影響する

男性ホルモンへの感受性が強い人はニキビができやすい!

ニキビは皮脂詰まりが炎症を起こしてできるものであって、皮脂が多い人ほどできやすいのは間違いありません。で、この皮脂を増やしてしまう原因が 皮脂腺の発達具合であり、これは男性ホルモンに影響されます。


そのため一般的には男性のほうが皮脂腺が発達しており、それゆえ肌も脂ぎっています。ニキビもできやすいし、悪化もしやすいです。 また男性でも日本人より外国人のほうが皮脂腺は発達しています。


動物性脂肪をたくさん摂取すれば皮脂腺は肥大化するんですが、欧米人などは数世代にわたってその肥大化した皮脂腺を子孫に伝えているわけです。 だからニキビもできやすいし、体臭も強いわけです(笑)。


女性でニキビができやすいとか悪化しやすいという人、それから毛穴が目立つ人も男性ホルモンの感受性が強い、皮脂腺が発達している体質といえます。 実際、ニキビに悩む女性のホルモンの値を調べたら男性ホルモンの量が多かったというデータもあります。


ただ、それでも女性のほうが男性よりも男性ホルモンの量が多くなるということはまずありません。 男性すべてがニキビに悩んでいるわけではないことを考えると、必ずしも男性ホルモンの量がニキビにつながるわけではないということは理解できると思います。


結局のところ男性ホルモンの感受性が強く、皮脂腺が発達していて、皮脂がたくさん分泌されていたとして、 そのことがニキビのできやすさになるというわけではないわけです。


詳しくは「ターンオーバーを促進する」で解説していますが、肌の代謝さえよくすれば毛穴詰まりはできないのでニキビはできません。 生まれつき皮脂の分泌が多いオイリー肌であっても肌の代謝さえ維持していればニキビは最小限に抑えることができるということです。

同じ【Q&A】カテゴリーにあるその他のコンテンツだお♪

Page top icon