胸元・背中ニキビTOP > 胸元・背中ニキビの治し方 > 漢方の力を借りる

根っからのニキビ体質は漢方の力を借りる

繰り返してニキビができるとか、普通の人ができない胸や背中にニキビができるという人は体質的な問題が考えられます。 体質改善といえば、「漢方」しかないでしょう!ということでニキビに効く漢方の紹介です。

漢方を利用してニキビ体質を根本的に改善する

身体にできるニキビには漢方が効く!

胸元や背中など身体にニキビができてしまう人、薬で治してもすぐに繰り返してしまう人というのは根本的に体質的にニキビができやすいといえます。 そんな人には薬やスキンケアでニキビを治すというのは付け焼刃に過ぎないんですよね。


対症療法よりは原因療法で問題を引き起こす根本にアプローチしないといけません。それができるのが「漢方」です。


ニキビ治療に漢方を利用するというのは今や常識で漢方薬局はもちろん皮膚科でも処方してもらえます。個人的には皮膚科で漢方を処方してもらったほうが 保険が効くので治療費が安くなり、おすすめです。皮膚科だといろいろな治療法の1つとして漢方があり、ニキビの症状を診て漢方が効果的だと判断すれば処方してもらえます。


※すべての皮膚科ではなく、漢方を取り扱っている皮膚科に限定されます。


特に体にニキビができる人は、顔にだけできる人と違って体質的な要因が大きいので漢方は非常に効果的だと思います。


背中ニキビに処方される漢方を少しばかり紹介すると、


・桂枝茯苓丸(ケイシブクリョウガン)
・加味逍遥散(カミショウヨウサン)
・排膿散(ハイノウサン)
・排膿湯(ハイノウトウ)
・荊芥連翹湯(ケイガイレンギョウトウ)
・黄連解毒湯(オウレンゲドクトウ)
・清上防風湯(セイジョウボウフウトウ)
・当帰芍薬散(トウキシャクヤクサン)
・十味敗毒湯(ジュウミハイドクトウ)


といったものがあります。どんな漢方が処方されるかはカウンセリングによって決めるので、 オリジナルの処方になります。他人が処方してもらってニキビがよくなったという漢方薬を使っても、 同じ効果が得られるとは限らないのが漢方の特徴になります。

長期的なニキビ対策には漢方は非常に有益

漢方の名医を探し当てることが最大のポイント

東洋医学ではニキビが発生するのは体のどこであれ、体のバランスが乱れていることが原因だと言われています。 普段の生活習慣や持って生まれた体質の影響がニキビとして表に出ていると考えるのが特徴です。


漢方は人それぞれにあわせて処方されるわけですが、体質などによって同じ漢方でも効くか効かないのかは全然変わってきます。 合っている漢方を選べれば抜群の効果を発揮するのに対して、合わなければ全然効果がありません。


そのため、いかに自分にぴったりの漢方を処方してくれる名医を探し当てるほうが実は大切だったりします。だいたい1回の処方で、 バッチリ合うということはないので、ひとつの漢方を試して効かなかったからといって簡単にあきらめないことが大切です。


また、漢方や西洋医学の薬や抗生物質等に比べると効果の効きが遅いようなイメージがありますが、ニキビの場合は、2~3週間もすれば 効果がでてくるのでそんなに時間がかかるという感じはありません。


自分に合う漢方を探しあてることができれば、それ以後、ニキビが再発したり、悪化するということは激減します。 長期的にみると漢方によるニキビ治療はかなり有益だと思うので、ニキビ治療の選択肢としてぜひ漢方は頭に入れておいてほしと思います。

同じ【胸元・背中ニキビの治し方】カテゴリーにあるその他のコンテンツだお♪

Page top icon