胸元・背中ニキビTOP > 胸元・背中ニキビの症状 > 顔のニキビとの違いは?

胸や背中にできるニキビと顔にできるニキビとの違いは?

顔にできるニキビと体にできるニキビには共通点もあれば異なる点もあります。それぞれの肌が置かれている環境を考えて適切にケアをするというのがニキビを防ぐポイントです。

胸や背中にできるニキビと顔にできるニキビの共通点

ニキビができるきっかけ、治療方法は一緒

胸や背中にできるニキビと顔にできるニキビは同じなのでしょうか。


毛穴に皮脂が詰まり、炎症してニキビになるという点は共通しているんですが、毛穴が普段置かれている状態を考えると、 同じニキビであっても胸や背中にできるニキビと顔にできるニキビは共通する点としない点があると考えたほうがいいです。


胸や背中にできるニキビと顔にできるニキビの共通点を考えた場合、まず体の中でも皮脂腺が集中している部位ということがいえます。 皮脂腺は顔に最も集中しています。それから背中、胸元という順番です。


皮脂が多い部位はそれだけ皮脂が毛穴に詰まりやすいのでニキビができやすいです。毛穴がない(=皮脂腺がない)手のひらや足のうらに ニキビはできませんが、皮脂腺が集中している部位にはニキビも集中するというわけです。


それからニキビができる原因や治し方はだいたい共通しています。


皮脂やストレス、生活バランスの乱れ、ホルモンバランス、食べ物といったものがニキビの原因になること、洗浄・保湿・ビタミンCがスキンケアとして効果的なこと、 皮膚科で処方される外用薬や漢方も胸や背中にできるニキビと顔にできるニキビで大きく異なるということはない、といったことがそうです。

胸や背中にできるニキビと顔にできるニキビの相違点

顔には顔の、体には身体の事情がある。

顔や身体の皮膚は違うというのが相違点としてあります。どういうことかというとアトピーの人や経皮毒に敏感な人は詳しいんですが、 身体の部位ごとに吸収率というのが違っていて、薬や化粧品を顔に使うのと手足や胴体に使うのでは浸透力等に明確な差があります。


ニキビケアの場合はアトピーほど事細かく外用薬を調整したりはしないようなんですが、顔と胴体部分では角質層の厚さが違う分、 ターンオーバーの周期も違うので同じ薬やスキンケアをしても効き目という点で差はあると思います。


ちなみに体の皮膚のほうが角質層が厚いため肌が入れ替わる日数は時間がかかります。なので毛穴詰まりもできやすいですし、 ニキビも治りにくく、ニキビ跡など色素沈着が残った場合も消えにくいわけです。


ちょっと顔と背中の皮膚に触ってみればわかりますが、顔の皮膚は柔らかく、薄くなっています。一方の背中の皮膚を触ってみると、 硬く、厚く、かなりゴツゴツした皮膚になっていると思います。これは皮膚の厚さが単純に体のほうが2倍厚いからです。


それからもうひとつ顔と背中の皮膚では置かれている環境が違うため肌環境もおのずと違ってくるということです。


顔は常に露出しており、外部刺激にさらされており、紫外線を浴びやすいため老化が早いです。一方の胸や背中の胴体部分はというと 服を着て隠している分、外部刺激や紫外線にさらされる機会が少ないので老化スピードはゆっくりです。


顔の皮膚は露出している分、刺激にさらされやすいけれど、汗や皮脂のケアがしやすい。 体の皮膚は服に隠れている分、刺激にさらされないものの、汗や皮脂のケアがしにくい。


といった違いがあります。


いずれにせよ肌環境が乱れて毛穴詰まりができるとニキビは発生するので、顔や身体のどちらにニキビができるにしても それぞれの肌が置かれている特有の環境が毛穴詰まりの原因をつくり、それに対するケアに落ち度があればニキビができるということです。

同じ【胸元・背中ニキビの症状】カテゴリーにあるその他のコンテンツだお♪

Page top icon