胸元・背中ニキビTOP > 胸元・背中ニキビの治し方 > ニキビに効くツボを押す

ツボを押したら背中ニキビが治る?

いつでもどこでもツボ押しはできるのでそれでニキビが改善できるならうれしいですよね。過剰な期待は禁物ですがやってみる価値はあると思います。

どうしてツボを押すとニキビが治るかわかりませんが...

ニキビに効果があるらしいツボを紹介します。

ニキビケアの方法は数多くありますが、その中のひとつに意外と知られていない「ツボ押し」があります。 私も正直半信半疑なんで、試したことはないんですが、あるにはあるらしいんですね。


方法はなんであれば、背中のニキビが早く治るのであれば教えて欲しい!という人は多いと思うので 一応紹介しておきます。他のニキビケアの方法と並行してやってみるのがいいかもしれません。


まず最初は「攅竹(サンチク)」というツボです。


これはニキビ跡の色素沈着や疲れ目に効果があると言われているツボで、その位置は眉頭のちょっと下のくぼみです。 ニキビ跡と視力がどうつながっているのかよくわかりませんが、ニキビが気になったとき、目が疲れたなと感じたときは、 目頭の下のツボを両手で優しく押してみましょう。


次に紹介するツボは手にある「腎穴(ジンケツ)」と呼ばれるツボです。


このツボは小指の第一関節の中心にあり、主にホルモンのバランスを整える作用のあるツボです。ホルモンバランスが整うと ニキビの予防や回復にも影響しますし、生理前の肌荒れ防止などにも役立つという話です。


そして新陳代謝を促進してくれるという「合谷(ゴウコク)」と呼ばれるツボです。


親指と人差し指の間にあるツボで、正常なターンオーバーを促進する作用があるといわれますが、他にもいろいろな効果効能があります。 私はこの合谷(ゴウコク)については、小学生のときに「うんこを我慢しているときに押すと耐えられるツボ」として知った記憶があります。


いかがでしょうか?


個人的にはこれでニキビがよくなるとはまったく思えないんですが、真面目に紹介している人もいるので予備知識として 知っておくといいのかな?と思います。東洋医学はよくわからないけれど効くものもあるので頭から否定するのは勿体ないですから。

鍼灸パワーでニキビは本当に治るのか!

ツボを指圧して効果があったら鍼やお灸にも挑戦!

ニキビに効くツボを押して効果を実感できたら鍼やお灸にも挑戦してみましょう。


指圧と鍼(はり)、お灸の効果の違いを説明すると、いずれも自然治癒力を高めるということについては共通するのですが、 生体に対するアプローチの仕方に違いがあります。


・『鍼』は熱や炎症から来る症状に高い効果がある
・『灸』は冷えや湿気から来る症状に高い効果がある
・『指圧』の場合は、筋肉の凝りをほぐす気持ちよさがある


こうしてみるとニキビは炎症ですから鍼での治療がいい気がするんですが、そう単純なものではないようです。ニキビそのものに 鍼を打ったり、お灸をすえるわけではないですからね。その人の体質だとかニキビの根本的な原因に合わせて施術方法を変える感じになるでしょう。


ただ、そんなことができる鍼灸師が今の時代に存在するのか?という疑問はあります。以前、現役の鍼灸師さんに話を聞いたら 鍼灸師の実力はピンキリだそうで、あらゆる不調を鍼1本で治してしまう人もいれば、まったくデタラメな人もいるみたいです。


少なくとも気の流れが目に見えるとか、感じることができない人は、症状を患者さんから聞いてその症状にいいといわれるツボにマニュアル通りに鍼を刺すことしかできないので、 気を入れるとか流すとか解放するといった気のコントロールができない分、効果を実感しにくいといってました。


そもそも鍼灸の世界は、気の交流ができるなど生まれつきの素養もないと、いくら勉強したところで限界があって一流の鍼灸師にはなれないそうです。 あなたの近所に凄腕と評判の鍼灸師さんがいればいってみるといいかもしれません。

同じ【胸元・背中ニキビの治し方】カテゴリーにあるその他のコンテンツだお♪

Page top icon